maneo(マネオ)の税金

maneo(マネオ)を利用すると個人でも資産運用ができ、配当金を受け取れることもありますが、これには税金がかかることは要チェックです。
これはmaneo(マネオ)の利用方法の一環として確認しておくといいですよ。

まずmaneo(マネオ)の利用で得られる配当ですが、これは個人が働いて収入を得たときと同じで、税金がかかります。
そのため、配当金が支払われた時点で源泉徴収がされます。
これは会社からお給料をもらうとき、あらかじめ所得税分が天引きされるのと同じです。
ですから自分で税金の申告などをしなくてもいいのかというと、これは必要になることが多いです。
maneo(マネオ)を利用して配当を受け取る以上は、税金の対応が基本的に必要だと覚えておくといいでしょう。

税金への対応というと、確定申告が一般的ですよね。
maneo(マネオ)を利用したあと、これが必要になるケースもあります。
サラリーマンの場合は、年間で得た配当の収入が20万円を超えた場合、たとえ配当から源泉徴収がされていても確定申告が必要です。
もし年間20万円以下の配当しか受け取っていないなら、確定申告の必要性はありません。
ただし、年間で受け取った配当がある場合、所得税の確定申告はたとえ不要でも、住民税の申告は必要になります。
確定申告の必要がない場合は、住民税の申告だけをやる流れになることも多いです。

maneo(マネオ)を利用し、配当を受け取ることで年収が増えた場合は、このような税金への対応が必要だと覚えておくといいでしょう。
実際に税金の対応をするとき、年間にどれだけの配当を得たのか、証拠となる書類があると申告がスムーズです。
これはmaneo(マネオ)の個人ページから取得できる、年間の取引レポートが使えますから、それを取得し、税金の申告に活用するといいです。

ところで、税金の申告というと納税をイメージする方も多いでしょう。
しかし配当金から源泉徴収がされているmaneo(マネオ)の場合、条件次第では過剰納税になることもあります。
もしそうなっていた場合、確定申告することで一部税金が戻ってくることもあります。
これはちょうどサラリーマンの年末調整により、天引きされていたお金の一部が還付されるケースがあるのと同じことです。
還付がされるのは、maneo(マネオ)から受け取った配当と、本業の収入を合わせた所得があまり高くないときです。
それほど高給取りではなく、maneo(マネオ)の配当金をあわせてもそれほど高収入にならない方は、むしろ源泉徴収されたお金の一部を取り戻すため、積極的に申告を考えるといいかもしれません。