maneo(マネオ)の注意点

大手のソーシャルレンディングとして人気のmaneo(マネオ)ですが、注意点もいくつかご紹介しておきましょう。
まずmaneo(マネオ)は、誰でも使えるとは限らない点は知っておきたい注意点です。
maneo(マネオ)を利用するにはまず利用登録をし、専用口座も開設する必要がありますが、このときには審査があります。

審査が行われるのは、最初の利用登録を終えたあと、専用口座を開設するために詳しい個人情報を入力したあとです。
このときにはお仕事情報や年収なども申請する必要があります。
ちょうどキャッシングやカードローンを利用するときのような申請内容になります。
それら情報をもとに審査され、受かった方だけが利用できるのです。
審査基準は非公開となっているため、このような方なら絶対に受かるとは言えないのですが、お仕事をしていて定期収入があり、年収も一定以上ある方が、審査には受かりやすいと言われています。

もちろん収入がない、仕事をしていないからといって、絶対に審査に落ちるとは決まっていません。
これは借入ではなく投資になりますから、利用者の収入や仕事の有無が、借入時ほど厳格にチェックされるとは限らないのです。
ただ、利用前には独自の審査があり、場合によっては口座開設ができない場合もあることは知っておきたいですね。
自分が受かるかどうか不安なときは、一度申請をしてみるといいでしょう。
利用の申請に費用などはかかりませんし、自宅から簡単に申請できます。

このような注意点のほか、知っておきたいのはお金を失うリスクがあることです。
maneo(マネオ)は大手のソーシャルレンディングサービスとして、比較的安全性が高いとはよく言われています。
実際に同じソーシャルレンディングの中では長い運用実績を持っており、その中で貸し倒れなどを頻発させた履歴などは、直近のところではほとんどありません。
このことから、金利の高い預金のような感覚で利用できることもあるでしょう。
しかしやっていることは投資ですから、銀行での預金と違い、元本の保証などはありません。
投資先の事業がうまくいかず、その事業者が破産すると、投資したお金は戻ってこないことになるのです。

このようなリスクはありますから、いくら投資するのか、その金額は大事です。
銀行の口座なら余っているお金はすべて預けるという判断でもリスクは非常に少ないですが、maneo(マネオ)での投資を同じ感覚でやるのはあまりおすすめできません。
そのお金が戻ってこないことも想定しておき、それでも自分が破産しない金額を投資するようにしてください。
このようなことが、maneo(マネオ)で知っておきたい注意点です。