maneo(マネオ)で投資したい

maneo(マネオ)で実際に投資したいときは、まず利用の申込みをしてください。
こちらは誰でもすぐ使えるサービスではなく、maneo(マネオ)での利用登録が必要です。
利用登録が終わったら、利用ができるようになります。

投資したいときは、maneo(マネオ)で現在募集されている案件をチェックします。
これはサイトの中で確認できます。
投資できるのは、まだ投資の募集がされている案件のみです。
予定額が集まり、すでに募集が終了している案件への投資はできません。
各案件のステータスをよく確認してください。

また、まだ募集している案件でも、現在の時点ですでに集まった資金によっては、希望金額の投資ができないことがあります。
たとえば募集予定の金額が1000万円で、すでに990万円集まっている案件の場合、投資できるのは最大であと10万円までです。
有力な案件に高額投資したいなら、ほかの投資家よりも先にその案件へと投資しないといけません。
いつでも、いくらでも希望する金額を好きな案件へ投資できるとは限りません。
いい案件に高額投資したいなら、こまめにmaneo(マネオ)の案件をチェックし、いち早くいい案件へと投資することも大事です。

このような投資ですが、いくらから投資できるのでしょうか?
ソーシャルレンディングの場合、小口投資もできることが特徴ですよね。
多くの個人投資家が数万円といった投資をすることで、結果的に数千万円といった規模のお金を集められるのが、ソーシャルレンディングの特徴です。
そのため一個人の投資家ができる最低投資額は、非常に少額からOKとなっていることが多いのです。

maneo(マネオ)の場合、最低投資額は2〜5万円といった金額になることが多いです。
投資可能な最低金額は、案件によって変わります。
2万円から投資できる案件もあれば、5万円からスタートする案件もあります。
ソーシャルレンディングによっては、1万円から投資できる場合もありますが、maneo(マネオ)の場合、すべての案件で1万円からの投資ができるわけではありません。
最低で1万円からの投資をしたい方は、この点は少し注意したいポイントですね。
ただし、2〜5万円といった金額も投資額としては比較的少額ですから、問題なく出せる方も多いでしょう。

maneo(マネオ)も十分に少額投資が可能なサービスになりますから、あまり大量のお金は余っていない方でも、無理なく投資にチャレンジできます。
各案件の最低投資額以上で、残りの募集金額の範囲内、もしくはその案件での個人の上限投資額までなら、自由に投資額は決められます。
興味のある方は投資のリスク等を確認の上、問題ないと思う金額を投資してみてください。